一部分の体毛を残せるメリットがある医療脱毛

ムダ毛の処理を行っていると、全てを除去したいとは思わない事もあります。
一部分だけは、ちょっと残したいと思う事もあるのです。
一部分の体毛を残せるメリットがある医療脱毛
例えば、顔にある体毛です。
多くの方々はそこにある体毛などは、できるだけ全ては除去したいと思っているのです。
ところが中には、一部分を残したいと考えている方もいるのです。

仮に顔にある体毛が、全部で100だとします。
多くの方々は100全ての処理を希望している訳ですが、中にはその中の30くらいは残しておきたいと希望する方も見られるのです。
特に男性の方々などは、顔のヒゲはファッションと捉えている事もありますから、一部分は残したいと思う事もあるでしょう。

ところで脱毛サロンの場合は、30ほど残すのが難しい場合があります。
サロンにて採用しているフラッシュ機器の場合は、とても広い範囲に対して施術を行いますから、100全てを除去してしまうケースも多々あるのです。
もちろんそれでは、男性のニーズを充足させる事はできません。

ところが医療脱毛の場合は、一部分を残留させる事も十分に可能なのです。
ですから上記の事例では30ほどを残す事も可能ですし、状況により35程度残す事もできます。

そもそも医療脱毛では、レーザーの光を採用しているでしょう。
フラッシュの光と違って、一度に広い範囲に施術を行う訳でもないので、かなり範囲を限定できる訳です。
ですから体毛の一部分は残したい時などは、医療脱毛で検討すると良いでしょう。

脱毛サロンでのキャンセル料金は具体的にどれ位になるか

脱毛サロンでは、しばしばキャンセルがポイントになってきます。
お金に関する要素だけは、やはり確認しておく方が良いでしょう。

時には急な用事があって、脱毛サロンでの予約のキャンセルが必要になる事はあります。
ただお店で予約を取消ししてしまうと、指定する料金が生じる事はありますから、注意が必要です。

では具体的にどういう料金になるかと言うと、基本的には1回くらいの料金が徴収されるケースが目立ちます。
例えばある脱毛サロンで、1回あたりの施術料金が5,000円だとします。
それでキャンセルをした時には、5,000円が徴収される事になるのです。
もちろん1回7,000円なら、7,000円が差し引かれる事になります。
脱毛サロンでのキャンセル料金は具体的にどれ位になるか
そういった1回分が消費されるというルールが多いですが、実はそれもサロンによって微妙に数字が異なります。
例えばある有名なサロンの場合は、キャンセル料金は1,000円になるのです。
他のサロンと比べても、比較的料金は低めな方と言えるでしょう。

またその逆に、やや高めなサロンもあります。
上記の1,000円が加算される上に、1回分の施術料金が発生するサロンもあるのです。
ですから1回5,000円のサロンの場合は、1,000円がプラスされますから、合計6,000円のキャンセル料金が発生する事にあります。

それを考えると、やはりキャンセルしないのが一番です。
あくまでも「100%確実」に施術可能な日程にするのが、最も無難と言えるでしょう。

札幌の脱毛サロン情報は↓のサイトのランキングが信用できます。
札幌の脱毛サロンランキングサイトはこちら
ぜひ参考にして見てください。

脱毛サロンの光で癌になるのは本当なの?

脱毛サロンで脱毛をしてみたいけど、サロンで使われる光が癌になるリスクを高めてしまうと聞いて、行くのが怖い。
そんな心配をする人もいます。
しかし、それは間違いです。
光脱毛の光を照射しても癌になる事はありません。
脱毛サロンの光で癌になるのは本当なの?
・光が癌リスクを高める 
日焼けをすると癌になるというのは、よく言われる事です。
日焼けが癌に影響する理由は、紫外線が関係しているからです。
人間が普段体に浴びている光には、赤外線、可視光線、紫外線という3種類があります。
このうちの紫外線は人間の肌に照射すると、肌の細胞にある遺伝子を損傷させます。損傷した遺伝子は元の形に戻ろうとかんばります。
しかし、紫外線を浴び過ぎてしまうと肌の損傷が進行してしまいます。
これにより正常な状態に戻る事ができなくなります。
やがては皮膚がんの元になります。

・サロンの光と癌の関係
紫外線が原因でがんになる事は事実です。
ですが、光にはいろいろな種類があります。
すべての光が癌を発生させる原因になる事はありません。
脱毛サロンで使われている光とは実は赤外線の事です。
赤外線の主要なエネルギー主には熱であり、かつ電磁波です。
そして電磁波の中でも一番エネルギーは弱い部類になります。
ですから人体へ深刻な影響を及ぼす事はありません。赤外線はその安全性から私達の生活の中にも溶け込んでいます。
例えばコタツやトースターなどいろいろなところで赤外線が利用されます。
サロンで光脱毛を受けても癌になる事はないので心配しなくても大丈夫なのです。

ニキビがまた出来るようになって困っています

スキントラブルでちょっと悩んでいます。
私は30代で思春期はもう遠い昔に卒業しました。
それにも係わらずニキビがまた出来てしまうようになってしまったのです。
この歳になってどうしてまたニキビが出来るようになってしまったのかよく判りません。
ニキビというより吹き出物と言うべきなのかもしれませんがアゴのラインにニキビがポツポツと出来てしまうのです。
高校生だったころはオデコによくニキビが出来ていたのですが30代になった今はアゴのラインにニキビが出来てしまうようになりました。
歳によってニキビが出来る場所は違ってくるものなのでしょうか。

私には判りませんがリンパの流れなとが関係しているのかなと思っています。
この歳になって改めて感じる肌の変化は乾燥しやすくなっていることです。
毎朝、化粧水と保湿クリームで肌の潤いには注意しているのですが、夕方になると肌がパサついていることがあります。
20代のころには感じられなかった肌の変化です。
こういった肌質の変化がニキビがまた出来るようになってしまった原因なのかなとも思っています。
ニキビがまた出来るようになって困っています
いま使っている基礎化粧品は20代のころから使っているものです。
もしかすると、私の肌質に合わなくなってきていることも考えられます。
30代の半ばに向けて基礎化粧品を肌年齢に合ったものに変えるべきなのかもしれません。
自分の肌質に合った基礎化粧品を改めて一から見つけるのは時間もかかり大変そうですが、これからのことも考えて現在の私の肌質に合った保湿クリームでも探してみようかなと考えています。

男性はもっと女性のムダ毛に寛容になって欲しいです。

世の中の男性の中には、女子のムダ毛に対してかなり厳しい人がいますよね。
あと、女子に対して幻想を抱いている人も厄介です。
女兄弟がいなくて、男兄弟しかいない人に多いと思います。
私も昔付き合っていた人が、女子のムダ毛にかなり厳しい人でした。
厳しいというか、本能的に「女のムダ毛」がダメだったようです。
案の定、男兄弟しかいない人でした。女性と付き合うのも私が初めてだったようです。

私が剃り残した数本の毛さえも、目ざとく見つけ「ここ剃り残しあるよ!ちゃんとしなきゃだめだよ」と言ってくるような人で、鼻の下の産毛にもうるさかったです。
少し生え始めてしまっているだけなのに「女の子なんだからヒゲ生やさないでよ…」と溜め息混じりで言ってきました。
それでも私は彼のことが好きだったので、ムダ毛には本当に常に気を使っていました。
デートの時にカミソリを持ち歩くのは当たり前でした。
彼にダメ出しをされないように、細心の注意を払って、時間をかけて自己処理していました。

ただ、自分では手が届きにくいところとかあるので、本当に苦労しました。母親に剃ってもらったりしていました。
しかしだんだんと、その努力を重ねるのが苦痛になっていきました。
彼と喧嘩をしたり、彼の嫌な部分を見つけるたび、「こんな努力をしてまでこの人と付き合う意味あるのかな」と思うようになっていきました。

そしてある日、また剃り残しを指摘された時、今までの不満が爆発してそのまま別れを告げました。
別れを告げた時は本当に清々しました。
ムダ毛に厳しすぎる男性とはもう二度と付き合いません。
男性はもっと女性のムダ毛に寛容になって欲しいです。